困った時にいつでも助けてもらえる

弁護士と顧問契約を結ぶことで、様々なメリットがあることがわかっていますが、その中の一つは、困った時に助けて貰えるという点です。具体的には、このような時に助けてもらうことが多いと言えるでしょう。

まずは、万が一依頼主が裁判沙汰に巻き込まれた際に、一番に助けてくれるということです。顧問契約を結んでいなくても、依頼をすれば助けてもらえるは貰えるのですが、先にどうしても外せないような違う仕事を受け持たれていたり、先に依頼をされていれば、依頼主を訴えた側につかれてしまう可能性がありますので、そうなってしまわないためには、顧問契約を結んでしまうのが一番であると言えるでしょう。

次に、企業が新規事業を行う際に、その事業が問題ないかどうか、その事業を行うことで依頼主にリスクは無いかどうかを法律的観点で判断すると同時に、事業を始める際に必要な申請書類、登記などの基本的申請を行ってくれると同時に、依頼主の意向に沿ってやりやすいように進めてくれますので、仕事がやりやすくなると言えるでしょう。

このように、困った時に助けてくれるだけではなく、何かとサポートを行ってくれるのが、顧問契約をした弁護士の特徴だといえます。

1 2 3