弁護士と顧問契約をするメリットは?

頼りになる弁護士と、顧問契約を結ぼうと考えている企業は少なくありませんが、そんな弁護士と顧問契約をするメリットは、どのようなものがあるのでしょうか?弁護士と顧問契約をするメリットについてご説明します。

まず一番のメリットは、助けてほしいときに率先して助けてもらえるという点です。顧問契約を結んでいる場合、万が一企業に何かあった際には、契約をしていない時と違って、勝てない裁判とわかっていても、率先して取り組んでもらうことが出来ますので、出来るだけ物事を丸く収めるために、尽力してくれると言えるでしょう。この点が、顧問弁護士最大のメリットと言えます。

次に、企業法務や契約書作成など、様々な法律関係の雑務を引き受けてもらうことが出来るという点です。顧問契約を結んでいる場合は特に、契約をしている企業の仕事を率先して行ってくれますので、定期的に仕事を頼むことが出来ると同時に、迅速丁寧に仕事をしてくれると言えるでしょう。

そして、依頼料をその都度払わずに、固定料金として支払いを行う形になりますので、場合によっては、コスト削減につながる可能性が高いという点です。こちらは企業の形態によっても異なるかもしれませんが、頻繁に依頼をしているという方の場合ほど、顧問契約の形態にすることで、反対にお得になる場合があるということを、頭に入れておきましょう。このように、弁護士と顧問契約を結ぶことでメリットは数多くありますので、参考にしてみてください。

1 2 3